ぺット ペットグッズ

「みらいのドッグフード」が老犬に人気の秘密!

こんにちはNAOです。

「和漢みらいのドッグフード」が、老犬にとって圧倒的におすすめのドッグフードだということを知っていますか?

犬は人間よりも寿命が短く、7歳にもなれば立派な老犬の仲間入りです。

人間も高齢者になれば様々な病気を患い、徐々に弱っていくものですが、犬も同じように老犬になれば様々な疾患を抱えるようになります。

飼っている愛犬が老犬になり、病気を抱えた時、「もしかしていつも食べているドッグフードを変えたほうが良いのでは?」と思う瞬間があるはずです。

ペットショップやネットショップでは、シニア犬用のドッグフードがたくさん販売されているので、品質の良いドッグフードに変えるのも良いでしょう。

しかし、愛犬の健康寿命を延ばすことを考えた時、「シニア犬用のドッグフード」というだけでは少し物足りないのです。

老犬の各疾患に合わせたドッグフードを与えることが、老犬にとっては一番良い選択肢と言えるのです。

この記事では、そんな「老犬におすすめの和漢みらいのドッグフード」について解説していきたいと思います。

老犬になると様々な病気を患ってしまうもの

犬も7歳になれば老犬の仲間入りということは冒頭で説明しましたが、犬の平均寿命は小型犬であれば約14歳~15歳となっており(中型犬であれば12歳~13歳、大型犬であれば10歳~11歳程度)、老犬になってからの生活は非常に長いのです。

そして、7歳以降の老犬になった多くの犬は、人間と同じように様々な疾患と闘いながら暮らしていくことになります。

なんの疾患にもならずに寿命で亡くなる犬はほぼいないと言ってもいいほど、老犬期は病気との闘いの日々なのです。

例えば、

  • 癌腫瘍
  • 心臓疾患
  • 腎臓や肝臓の疾患
  • 胃腸疾患
  • 膀胱炎や結石
  • 骨や関節
  • 皮膚アレルギー
  • 肥満

といったように、身体のすべての部位で疾患の可能性があると言えます。

成犬(6歳くらいまでの元気な頃)の時に食べていたドッグフードを老犬になっても与え続けていたり、運動不足や運動過多、ストレスのある環境などは、疾患を誘発してしまう可能性が高いため、老犬に差し掛かってきたらドッグフードや環境を変えていく必要があるのです。

特に、ドッグフードをシニア用に変更するのはもちろん、もしも疾患を抱えてしまった時には、その疾患に合わせた栄養を摂取することが重要なのです。

【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】
『臨床栄養学』と『国産無農薬7種キノコ『マクロビオティック』との強力3大コラボの療法食です。

老犬になったら「和漢みらいのドッグフード」がおすすめ

老犬になってからの疾患に合わせたドッグフードと言っても、街中にあるペットショップやホームセンターなどではあまり販売されていないのが現状です。

そこでおすすめなのが、ネット販売で話題になっている「和漢みらいのドッグフード」です。

「和漢みらいのドッグフード」は、臨床栄養学と漢方医学を取り入れており、製薬会社が作った薬膳特別療法食という「薬膳ドッグフード」なのです。

前記した癌腫瘍や心臓疾患、腎臓、肝臓、胃腸、結石、関節、皮膚といったような各疾患に特化したドッグフードとなるので、老犬になり疾患を抱えた場合に最適です。

例えば老犬の癌腫瘍の場合、「高タンパク質」「糖質制限」「「高脂質」「高オメガ3脂肪酸」というものが必須となります。

この「和漢みらいのドッグフード」はそのすべてのポイントがしっかりと含まれています。

一般的なドッグフードに配合されている「白米、小麦、トウモロコシ」といった穀物よりも、腫瘍にはタンパク質が必要となります。

他にも、植物性油を使っていたり、保存料や酸化防止剤がが多いドッグフードは癌腫瘍には適さないドッグフードだと言えます。

また、例えば皮膚疾患の場合は、皮膚疾患が起こる原因となる「粗悪なタンパク質」「粗悪な脂質」「粗悪な穀物や乳成分」を避ける必要があります。

和漢みらいのドッグフードでは、「アレルゲンカット」「皮膚の栄養補給」という従来のアレルギーケアにプラスして、「漢方・高栄養価食品補給」によるドッグフードに仕上げています。

このように、その疾患に必要な栄養や不必要な原料をしっかりと見極め、最適なドッグフードとして作り上げているのが、「和漢みらいのドッグフード」なのです。

「和漢みらいのドッグフード」の公式サイトでは、各疾患に最適なドッグフードである理由が細かく解説されているので、気になった人はぜひチェックしてみましょう。

【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】
『臨床栄養学』と『国産無農薬7種キノコ『マクロビオティック』との強力3大コラボの療法食です。

まとめ

今回は、老犬になったら与えたい「和漢みらいのドッグフード」について解説してきました。

犬の寿命は年々伸びており、小型犬では15歳以上生きる犬も増えてきています。

しかし、人間と同じように、年齢を重ねれば体の様々な部位が疾患にかかる可能性が高くなり、ドッグフードや生活環境によってその確率は高くなってしまいます。

もしも老犬になり、疾患を抱えてしまった時には、その疾患に合わせた「和漢みらいのドッグフード」に切り替えることが重要です。

愛犬の疾患に最適な原料や栄養を含んだドッグフードに切り替えることで、確実に健康寿命は延びていくことでしょう。

【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】
『臨床栄養学』と『国産無農薬7種キノコ『マクロビオティック』との強力3大コラボの療法食です。

 

ありがとうございました。

 


ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-ぺット, ペットグッズ

© 2021 TSUTAERU BLOG