DTP イラストレーター

Illustrator 文字のアウトライン、パスのアウトラインを解説

今回は様々な時に大事なアウトラインとはどいうものなのか、
どういう時に必要かを解説していきます。

 

文字のアウトラインとは

 

文字のアウトラインとは
文字は通常、それぞれのフォントの選択によって表示されます。

ですが、有料フォントやオリジナル性が強いフリーフォントは、
どのパソコンにもインストールされているとは限りません。

 

その場合はデザインした物を違うパソコンで見た場合に、
全く違う文字で表示されてしまいます。

 

主にアウトラインを使用する場合とは、

1、チラシ、名刺などを印刷会社に入稿する場合

2、デザインを顧客に納品する場合

3、他人とのデザインのやりとりする場合

 

アウトラインをかけないとフォントが置き換えられると表示がでますので、
そうすると作業が止まってしまうので困りますよね、

 

印刷会社に入稿する場合は印刷会社からアウトラインを
かけてくださいと催促され再度入稿しないといけません。

 

 

 

文字のアウトラインをかける

 

それでは文字にアウトラインをかけていきましょう。

手順としては、

 

1、入稿などで使用する文字(デザイン)を用意します。

2、アウトラインをかける文字を選択します。

3、右クリックでアウトラインを選択(ショートカット⌘+shift+O)

 

 

 

POINT!
デザインする場合はレイヤー事に分けて制作すると最後に便利です。
文字は文字レイヤー、画像は画像レイヤーなど

そうする事で文字だけを全部選択することが楽ちんです。

必ずアウトラインをかけたものと、かけていない元データを残しておくこと。
アウトラインをかけるので、文字からオブジェクトに変わってしまい編集できなくなります。

 

入稿する場合や、他人にデザインを渡す場合は必ずアウトラインをかける

 

忘れずに!

 

パスのアウトラインとは

 

パスのアウトラインとはパスで出来たものをアウトラインをかけることで、
オブジェクトに変換する事ができます。

 

アウトラインのかけ方は、

効果→パス→パスのアウトライン→オブジェクトのアビアランスを分割を選択するとパスからオブジェクトに変換ができます。

 

 

 

パスのアウトラインができるとオブジェクトに変換ができましたので、
様々な加工が出来るようになりますので便利です。

 

ポイント!
ペンツールでオリジナルの文字ロゴやロゴを作った時に、
最後にパスのアウトラインを使って一つのオブジェクトとしてデータにする場合などに使用すると、

ちゃんとロゴとしてデータを残すことが出来ます。

 

 

 

ペンツールで作成したロゴをパスのアウトラインをかけると、

オリジナルのロゴも出来ます。

 

今回はこれで終わりにします。

是非利用してみてください。

 


ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-DTP, イラストレーター

© 2021 TSUTAERU BLOG