Mac イラストレーター

Illustrator2021にアップデートが出来ない時の対処法

こんにちはNAOです。

 

アップデートには色々な前提条件が存在し、それをクリアしていなければアップデートが出来ない事があります。

 

今回は私も経験したIllustrator2021へのアップデートが出来ない問題について解説していきます。

 

アップデート前に確認すること

 

 

まずアップデートをする前に確認するポイントがあります。

 

Creative Cloudを契約している方に限ります

 

まず基本的にCreative Cloudに契約されているのが前提の話しになります。

Illustratorの過去のソフトをそのまま使用している方はすでにアップデートに対応しておりませんので。

 

Mac OS は今どれが入っているのか

 

結論から言います、

Mac OSがmacOS Mojave 10.14以下の方はillustrator2021はインストール出来ません。

 

macOS High Sierra 10.13より下のバージョンの方は交互性が無いと表示が出ます。

 

Mac OSバージョン   リリース
OSX Yosemite   2014年10月17日
OSX 10.11 El Capitan   2015年09月30日
macOS Sierra 10.12   2016年09月20日
macOS High Sierra 10.13   2017年09月25日
macOS Mojave 10.14   2018年09月25日
macOS Catalina 10.15   2019年10月08日

 

赤文字以外はアップデート出来ません。

最新のmacOS Big Surはあまり古いパソコンの場合は不具合の可能性がありますのでmacOS Catalina 10.15で止めておくべきでしょう。最新のパソコンを除く。

 

Mac OSをアップデートしていこう

 

 

まずは自分のMacのOSを調べてmacOS Mojave 10.14まで上がっていないかを確認してください。macOS Mojave 10.14まで最低OSをアップデートしていかなければ最新のIllustratorはインストール出来ません。

 

 

下記のボタンからリンク先へ移動しmacOS Mojaveをダウンロード→macOS Mojaveをインストールしてください。ここまでいき無事にインストール出来るとCreative Cloudのインストール済みの表記が交互性がありませんからアップデート利用できますに変わっています。

 

 

 

OSインストールはコチラ

 

インストールでよく出る問題

 

 

インストールでよく出る問題があります。

それはMacのアプリケーションで不要なMac OSインストーラーが残っている事があります、その場合インストーラーが邪魔してインストールが出来ない、インストーラーが破損したなどの文言が出てしまいインストール出来ないという現象が発生します。

 

よくやるのですが複数のバージョンのMac OS上記の現象でインストール出来ないまま複数のインストーラーがアプリケーションに残ってしまいます、そうなるとインストーラーが邪魔してインストールができないので必ずインストールする時には余計なインストーラーを削除してから初めから進め直してください。

 

稀にOSの順番通りにインストールしないといけない現象も発生しますのでそういう問題が出た場合はお手数ですが順番とおりインストールしていってください。

 

ご購読ありがとうございました。

ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-Mac, イラストレーター

© 2021 TSUTAERU BLOG