イラストレーター

Illustrator 便利な機能 Creative Cloud Filesの使い方

Illustratorデータはパソコンに保存するはもう古い?

今回はCreative Cloud Filesについてサクッと書いていきます。

 

Creative Cloud Filesとは

 

 

IllustratorデータをCreative Cloud Filesで保存すると

 

Adobe Creative Cloudをを通して保存データをダウンロードする事もできる。

 

 

パソコンの無駄な容量も使わずデータを保存する事はありがたいですよね。

それでは使い方を見ていきます。

 

データの保存は

 

データの保存はAdobe Creative Cloudを契約しているとFinderに出てくるようになるので、

そこにデータを入れるのみです。

データの種類は今までと同じで特に制限はありません。

 

 

Illustratorから直接保存もできますし、
パソコンに保存してからCreative Cloud Filesに移動するのも出来ます。

 

 

 

これでAdobe Creative Cloudを通して保存しているデータをダウンロードできるようになります。

 

Adobe Creative Cloudでの確認場所は

 

それでは次はAdobe Creative Cloud側でのデータの確認をどうするかを見ていきます。

 

その他のパソコンでデータをダウンロードする方法はAdobe Creative Cloudからログインしていただき、

Creative Cloudのアプリボタンを押すと自動で開きますのでそこからデータをダウンロード出来てデータをIllustratorで開くことが出来ます。

 

 

 

 

Creative Cloudに入ると下記の画面が出てきます。

作品を選択していただき作品のリンクからファイルを選びます。

 

 

ファイルの同期済みファイルにCreative Cloud Filesに置いているデータが出てきます。

ダウンロードしたいデータから三点をクリックするとダウンロードの項目が出てきますので

そこからダウンロードしてください。

 

 

Finderのダウンロードにデータが保存されます。

名前は化けてしまう事もあるので保存したらすぐ名前を変更してください。

 

気をつけること

 

 

契約中の容量は100GBですが、契約終了した時点で2GBになります。

98GB分については利用権がなくなるので、自動的に消去されてもしまいます。

 

 

アカウントが無償メンバーシップにダウングレードされると、

ストレージの上限を超えるファイルがオンラインにアップロードされたまま 90 日以上経過すれば

Creative Cloud サーバーに保存されているファイルの一部または全部にアクセスできなくなります。

 

 

今回はこれくらいで、ありがとうございました。


ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-イラストレーター

© 2021 TSUTAERU BLOG