ワードプレス

ワードプレス道 バックアップをしてくれるプラグインBackwpupを紹介。

 

どんな時も安全にサイト運営したいですよね。

サーバーとの関連で運営サイトが消えるなどの問題も起こります。

今回はワードプレスサイトを安全に運用できるように、
サイトのバックアップが出来るプラグインBackwpupを紹介します。

 

Backwpupとは

 

 

このプラグインを入れるだけでバックアップが取れるのがBackwpupになります。

特徴としては、

  • 定期的に自動でバックアップが取れます
  • バックアップのスケジュールが自由に設定できる

更に画像ファイル、記事、プラグインなど丸ごとバックアップが取れるの安心ですよね。

 

 

ワードプレスサイトのバックアップ方法

 

ワードプレスプラグインBackwpupを入れるだけでサーバー上のデータの画像ファイル、テーマ、プラグインと、
データベース上のデータの記事、カテゴリ、コメント、管理画面の設定情報などがバックアップが取れるようになります。

それでは管理ページのプラグインからBackwpupをインストール→有効で使用できるようにしておきましょう。

 

BackWPupをインストールしましたら、管理画面の左メニューから「BackWPup → 新規ジョブを追加」を選択してください。

 

 

バックアップの設定画面が出てきますので設定していきましょう。

 

 

バックアップには手動と自動がありますが、安定して定期的にバックアップを取る自動がいいでしょう。

時間帯を指定してバックアップを取る設定

 

このプラグインのいい所は、バックアップ時間を設定し、夜中などの使用していない時間帯に
バックアップを取ってくれます。

 

それでは細かく見ていきましょう。

 

新規ジョブとありますが、このジョブが一つのオリジナルの設定になります。
その設定に則ってバックアップをしていきます。

 

 

 

  1. 自分で分かるような名称をつけましょう。
  2. ファイルのバックアップを選択する。
  3. デフォルトのままで大丈夫です。
  4. MacはTar GZip、WinはZipで選択しましょう。

 

続いて保存先の設定をしていきましょう。

 

  1. バックアップ先はフォルダにしておきましょう。
  2. デフォルトのままで大丈夫です。
  3. デフォルトのままで大丈夫です。
  4. ログを取るごとにメールが届くとどんどん貯まっていきますので、エラーがあったときだけに来るような設定になっている。

 

スケジュールを設定していきましょう。

 

スケジュールを選び、下記のように設定していきましょう。

 

 

  1. 自動で行うため「WordPressのcron」にチェックを入れよう。
  2. 「実行時間をスケジュール」では、日付の詳細設定は不要なため「基本」を選択しましょう。
  3. 深夜の時間帯が一番アクセス数が少なかったので、「毎週日曜日の深夜3時」という設定がいいかと思います。

設定時間はサイトへのアクセス状況を見て、曜日と時刻は変えて見てください。

 

ファイルに関しては全てデフォルトで問題ないです。

 

宛先  フォルダーを確認していきましょう。

 

 

  1. フォルダー名も分かりやすいようにフォルダ名をつけよう。
  2. 「ファイルを削除」では、3ヶ月分のデータを保存するので(月4回×3ヶ月=12バックアップ)にしました。

ここまでの設定が出来ましたら「変更を保存」をクリックしてください。

 

ここまで設定できましたら、今すぐ実行を選択してください。

 

 

 

 

下記の画面がでてファイルのバックアップは終了です。

 

 

 

ここまで出来ましたら、バックアップを選択していただき、ダウンロードを押すとローカルでデータが保存されます。

 

ダウンロードのデータを確認していただいて赤で囲んでいる3つが入っていましたらOKです。

 

 

サーバーとローカルの両方で定期的にバックアップを取ること、安心してサイト運営できますよ。

 

データベースのバックアップを設定

 

続いてデータベース上のデータのバックアップの設定を行っていきましょう。
先ほどの設定と基本的には同じですので、そんなに難しく考えないでください。

 

人為的や、機械的に問題が発生してデータが消えるなどよく聞く話ですので、
そうなっても取り返しがつくようにデータベースのバックアップは大事になりますよ。

 

 

先ほどと同じ一般から下記を選択していただければ大丈夫です。

  1. 自分で分かるような名称をつけましょう。
  2. データベースのバックアップを選択する。
  3. インストール済みプラグイン一覧を選択する。

 

先ほどと同じ一般から下記を選択していただければ大丈夫です。

  1. デフォルトで大丈夫です。
  2. MacはTar GZip、WinはZipで選択しましょう。

  1. バックアップ先はフォルダにしておきましょう。
  2. デフォルトのままで大丈夫です。
  3. デフォルトのままで大丈夫です。
  4. ログを取るごとにメールが届くとどんどん貯まっていきますので、エラーがあったときだけに来るような設定になっている。

スケジュールを設定しよう

 

 

  1. 自動で行うため「WordPressのcron」にチェックを入れよう。
  2. 「実行時間をスケジュール」では、日付の詳細設定は不要なため「基本」を選択しましょう。
  3. 深夜の時間帯が一番アクセス数が少なかったので、「毎日の深夜3時」1日一回という設定がいいかと思います。

 

バックアップを設定しよう

 

  1. WP系のデータを全てチェック入れます。
  2. デフォルトのままで大丈夫です。
  3. GZipを選択します。

バックアップするプラグインの設定

 

  1. デフォルトのままで大丈夫です。
  2. デフォルトのままで大丈夫です。

 

どのプラグインをインストールしているかが確認できるので便利です。主にサーバーの復元時や移管の際に使用します。

 

宛先  フォルダーを確認していきましょう。

 

  1. フォルダー名も分かりやすいようにフォルダ名をつけよう。
  2. (ファイルの削除)」では、1ヶ月分のデータを保存するため「30」としています。(月30回×1ヶ月=30バックアップ)

 

ここまでの設定が出来ましたら「変更を保存」をクリックしてください。

 

保存をしたら今すぐ実行をクリックしてOKです。

 

データの復元には下記を参照に進めてください。

データの復元にはFTPサーバーFileZillaが必要になりますので参考にしてください。
バックアップしたデータはWPのデータになりますので、データをFTPサーバーを経由してワードプレスに読み込ませます。

ワードプレス道  FTPサーバーFileZillaの使い方を理解しよう。

 

 

 

今回は自動バックアップの設定を紹介しました。

是非安全に運用するためにプラグイン導入してください。

 


ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-ワードプレス

© 2021 TSUTAERU BLOG