ぺット ペットグッズ 食品系

愛犬に缶詰などのウェットなドッグフードを与えるメリットとデメリット!

こんにちはNAOです。

昔からホームセンターやペットショップ、コンビニなどで缶詰タイプのドッグフードが販売されていますが、今もその人気は寝強く様々な種類の缶詰が店頭に並んでいます。

実際に缶詰などのウェットなドッグフードを愛犬に与えたことがある人ならばわかると思いますが、圧倒的食いつきで、あっという間に平らげてしまいます。

こういった「缶詰などのウェットなドッグフード」と「ドライドッグフード」では、どのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、そんな「犬に缶詰などのウェットなドッグフードを与えるメリットとデメリット」について解説していきたいと思います。

 

缶詰などのウェットなドッグフードを与えるメリット

缶詰などのウェットなドッグフードとドライドッグフードでは、見た目も栄養も大きく違ってきます。

ウェットなドッグフードのメリットとしては、

  • 食欲の落ちた犬でも食いつきが良くなる
  • 動物性タンパク質が豊富
  • 水分が含まれているので、食べながら水分も摂取できる

ということが挙げられます。

特に、食いつきの良さは缶詰などのウェットなドッグフードの最大のメリットで、病気や気温上昇による食欲低下や高齢になったことによる食欲低下の改善にピッタリなのです。

また、ウェットタイプのドッグフードは、水分がとても多く含まれている(全体の8割が水分)ので、十分に水分補給ができるのです。

ブッチ2 ブラックレーベル 2kg 全犬種対応 ドッグフード

「ドッグフード工房」のお試しフード【500円】

缶詰などのウェットなドッグフードを与えるデメリット

ウェットなドッグフードは、食いつきが格段に良くなるといったメリットがある一方、いくつかデメリットもあります。

例えば、

  • 缶詰などだけでは栄養が偏ることがある
  • 開封後の賞味期限が短い
  • ドライフードを食べなくなってしまう
  • 餌を入れる器の汚れがひどい
  • 歯にくっつきやすく、歯磨きなどのケアをしっかり行う必要がある

というようなことが挙げられます。

メリットとして挙げた通り、「動物性タンパク質が豊富」なのですが、それ以外の栄養が不足してしまう可能性があるのです。

ウェットタイプのドッグフードは、8割が水分なので、必然的に栄養素が少なくなってしまうのです。

また、開封後なるべく早く食べきらなければ、おなかを壊してしまう危険性もあります。

餌を入れる器も、ウェットタイプのドッグフードを一度でも入れてしまうとすぐに汚れてしまい、ウェットタイプゆえにしっかりと洗わないと菌が繁殖してしまうので注意が必要です。

そして、「一度ウェットなドッグフードを食べてしまうとドライドッグフードを食べなくなる」というデメリットも、多くの飼い主さんを悩ませるものとなっています。

ブッチ2 ブラックレーベル 2kg 全犬種対応 ドッグフード

「ドッグフード工房」のお試しフード【500円】

おすすめのウェットなドッグフード

ここでは、ホームセンターやペットショップ等で販売されていないおすすめのウェットタイプのドッグフードをご紹介します。

その商品の名前は、「Butch(ブッチ)」です。

ニュージーランド産のウェットタイプドッグフードで、「高タンパク低脂肪」という大きな特徴がありながら、最高の食いつきが期待できるのです。

他にも、

  • 生肉に近い成分が含まれているので、犬に必要な必須脂肪酸が摂取できる
  • 便通が良くなる
  • アレルギーが改善される
  • フィルム包装されているので、必要な分だけカットして保存ができる
  • 無添加
  • 新鮮で安全なヒューマングレード

というようなメリットがあります。

この「Butch(ブッチ)」は、「ブラック」「ホワイト」「ブルー」という3種類の商品があり、赤身肉が苦手だったり肉と魚をバランスよく摂りたいなどというそれぞれの愛犬にピッタリな商品を選ぶことができるのです。

なかなか愛犬に合ったドッグフードが見つからないという飼い主さんも、この「Butch(ブッチ)」を選べば一気に解決できるはずです。

ブッチ2 ブラックレーベル 2kg 全犬種対応 ドッグフード

「ドッグフード工房」のお試しフード【500円】

高品質な「モグワンドッグフード」で愛犬の健康寿命を延ばしてあげよう!

 

まとめ

今回は、犬に缶詰などのウェットなドッグフードを与えるメリットとデメリットについて解説してきました。

ウェットタイプのドッグフードは、「食いつきが良くなる」「動物性タンパク質が豊富」「水分が多く含まれている」といったメリットがある一方、「栄養が偏ることがある」「開封後の賞味期限が短い」「ドライフードを食べなくなってしまう」というデメリットもあります。

デメリットはいくつかありますが、食欲が落ちた犬は免疫力が落ち病気になってしまうリスクもあるため、上手にデメリットを回避しながらウェットタイプのドッグフードを食べさせましょう。

特に今回おすすめした「Butch(ブッチ)」は、「豊富な必須脂肪酸を摂取できる」、「高タンパク低脂肪」「アレルギー改善」「無添加」「新鮮で安全なヒューマングレード」といったような多くのメリットがあるので、犬の健康寿命を延ばしてくれるでしょう。

ぜひこの機会に、ウェットタイプのドッグフードを試してみてはいかがでしょうか?

「ドッグフード工房」のお試しフード【500円】

 


ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-ぺット, ペットグッズ, 食品系

© 2021 TSUTAERU BLOG