DTP Mac イラストレーター

DTPオペレータになりたいなら用紙と特殊加工を理解しよう!

こんにちはNAOです。

今回は名刺作成やショップカードや結婚式の招待状などでも使うと、格段に質が上がる為に知っておいたら今後の作成に役立つ紙と特殊加工の紹介をさせて頂きます。

 

印刷物に使用する用紙とは

DTPの仕事をしていると一般的には作成段階の確認は普通紙と厚紙がメインで使用していると思います。

ですが本番はそれなりの専用の用紙を使用します。

ですので名刺やショップカードや招待状などになると使う紙によってそのものの良さが変わり、より価値あるものになります。

名刺作成が需要が一番多いですが、紙の種類を理解し、より良い質の制作物を提供出来る事は、この飽和状態でのDTP業界で生き残って行く為には今後もっと必要になってくると思います。

 

名刺作成に定番用紙とは

 

名刺作成で一般的に使用される用紙は下記の3種が一般的になると思います。

マットコート紙

一番よく使用されている用紙になります! ビジネス名刺はこれが定番になります。

表面はつや消し処理がなされていて、さらさらとした質感の用紙です。手に取った感触や発色にも癖がなく、品の良い印象を与えます。通常のビジネス名刺であればこの用紙を選んでおけば間違いないでしょう。

コート紙

マットコートより光沢が強く写真などを使用している名刺などではベストな用紙になります。

表面に塗工処理がされている光沢のある紙なので、写真の色が綺麗に鮮明に出ます。ショップカードのような商品を載せたようなイメージには最適な用紙になります。

上質紙

印刷物に書き込む事がある物ならこの用紙がベストになります。

マットコート紙よりさらにつや消し効果があり、表面に塗工処理(コーティングを施すこと)がされていないので印刷物に書き込む時はおすすめな用紙です。また、表面の自然な風合いがアースカラーなどのナチュラルデザインにマッチします。

 

質感をアップさせる用紙とは

名刺作成でも一般的に使用しているような用紙は使いたくなく高級感のある質感を求められる事が結構あります、そういう時に使える用紙を理解しているとより名刺の注文などがとりやすくなります。

実際自分もそういう注文を何回も受けています。

紙の種類をどんだけ知っているかも依頼者に対する信頼感という面でも非常に大きいという事がわかります。

 

それではどんな用紙があるのか見ていきたいですが、正直数は腐る程ありますので、

一部紹介と私が愛用しているココイチの時に使わせて頂く会社になります。

 

私が一押しのおしゃれでセンスのある物を作りたいならここ!!

それは、

HAGURUMAさんです。

お客様に高級感などを求められた時は常にここを利用させていただいています。

外さないです。

是非使ってみてください。

 

特にオシャレさが最高にアップする合紙という特殊な加工もやってくれます。

 

合紙は両面に違う用紙が特殊加工で合わさっています。この用紙の名刺を持つだけで気分が高揚し、モチベーションがアップする事間違いなしです。

 

他にも厚めの用紙も多岐に渡りますので、質を求められる名刺の際は是非利用していただけたらと思います。

 

特殊加工

そして結婚式の招待状など高級感などが求められる場合などに使用したりする特殊加工があります。

 

活版印刷(かっぱんいんさつ)

活版印刷とは、活字を組み合わせて作った版=活字組版を使った印刷方法です。

印刷は使う版の種類によって「凸版」「凹版」「平版」「孔版」の4つの方式に大きく分けられ、活版印刷は凸版に分類されます。

凸版印刷の基本原理はいたってシンプル。
印刷したい部分が凸状に製版されており、その部分にインキを付けて紙を乗せ、上から圧力をかけることで紙にインキを転写します。

木版などは版が一枚の板からできていますが、活版印刷は文字のひとつひとつが別々の活字でできているため、これらを組み合わせることで何度も版を作ることができます。

元来はこの可動活字で作られた版による印刷が本来の意味での活版印刷に当たりますが、現在では「凸版を印刷版に用い、印圧による紙の凹凸が感じられる印刷」ともう少し広義に解釈される傾向にあるといえるでしょう。

箔押し(はくおし)

箔押しとは、熱と圧力によって、金・銀・色箔の文字や絵柄を入れる印刷加工で、別名ホットスタンプとも言います。

紙、ポリプロピレン、プラスチック、皮革(天然・合成)等、さまざまな素材に印刷することが可能です。

箔押の最大の特徴は、メタリックな光沢感を表現できるため、普通の印刷よりも目立たせたり、高級感を持たせることができることです。

また、印刷がはげにくく、仕上がりも美しいので、各種販促物やノベルティーグッズ、ギフト商品、記念品やプレゼントなど、人にあげたり、長く残しておきたいものによく利用されています。

 

他にも様々な特殊加工があります、DTPに携わろうと思う方は是非理解しといていただけたら幸いです。

まとめ

 

DTPオペレーター、デザイナーを目指す方々はデザインするだけではなく、

デザインした物をどう見せるかまでを考えて頑張ってください。

皆さんの知らない事はまだまだあります。どんどん知識を蓄えていってください。

ありがとうございました。

 


ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-DTP, Mac, イラストレーター

© 2021 TSUTAERU BLOG