DTP イラストレーター 名刺

Illustrator(名刺作成シンプル編)初めて名刺を作成する貴方にプロが要点を伝授!!

こんにちはNAOです。

今回も前回の名刺基礎編を元に実際にアドビイラストレーターで作成していきポイントを解説していきますのでよろしくお願いします。

デザインは目先の華やかさとは違い苦しさもありますがその深みの先に本当の楽しさ、喜びがあります。

プロの方には分かってるという事ばかりだと思いますが、初めて作成しようとしている方のための解説になります。

 

名刺をデザインしていきましょう

 

それではデザインしていきましょう。

まずはアートボード上に91×55㎜の長方形を用意してくださいね。

-3㎜のガイド線もお忘れなく作業を進めていきましょう!

まずはそのデータを保存してください。名前も分かりやすいものにしてください。

 

文字をブロックごとに打ち込んでいきましょう

 

前回の基礎編でも言ったように文字はブロックごとに打ち込んで準備しておきましょう。

画像データは名刺のような小さなデザインの場合は埋め込みにしておくと入稿が楽になります。(これはあくまで画像点数が少ない場合になります。画像が多い場合は名刺基礎編で言ったようにリンク画像にする)

 

デザインラフを確認しましょう

 

デザインラフは必ず描いてからデザインを確認した上でレイアウトを組んでいきましょう。

デザインはイメージが曖昧だと余計時間がかかってしまいますので。

今回はデザインラフを描いたと想定して進めていきます。

 

レイアウトを組んでいきましょう

 

それではデザインカンプを参考にレイアウトを組んでみました。

上記のように配置しています。その上で微調整を加えていきましょう。

デザインを組むときに大事になるのがガイド線できっちりデザインを組むということになります。

 

全ての配置は(ガイド線)を使いズレを出さない

 

表示→定規を選択してガイド線を引いてデザインのズレが出ていないかの確認をしながら進めていきましょう。

これはかなり大事でデザインの見栄えにも影響が出てきますので是非やってください。

ガイド線に合わせているととても綺麗に洗練されて見えます。


ワンポイントを大事に

 

会社名や住所の部分を背景黒にしたりしてみるのもアクセントになると思いますよね。

ラインを入れたり、背景に少し透明にしたロゴを入れるなどもしてみるとまた新しいものになりますよ。

文字の種類もイメージとしてはゴシック調より明朝体の方がこの名刺のイメージにあっているかと思いますね。下記のように名刺のイメージにあったフォントはとても大事ですので抑えておきましょう。

名刺を入稿してみよう

 

今回は左下の全体白背景の明朝体のデザインを完成型としましょう。

それではこのデザインがOKとなりましたので印刷会社に入稿しないといけません。

入稿データを用意していきましょう。

  1. 文字のアウトラインをかける。
  2. トンボをつける。
  3. 背景のフチギリギリに色が入っている場合は塗り足しをつける。
  4. 画像があれば埋め込む
  5. 確認用のPDFデータを用意する。

上記のポイントは忘れずに印刷会社に入稿していきましょう。

私はよく下記を使用しています。

プリントパック

プリントネット

グラフィック

名刺の紙はとても大事

 

そこで大事になるのが名刺のイメージを左右する紙が大事になってきます。

紙の一般的な種類としてはコート紙、マットコート紙など数多くあります、

そこは印刷会社から紙のサンプルを取り寄せて確認するのがいいと思います。

 

次回はもう少しテクニックとデザインレベルを上げていきたいと思います。


ビジネスにもブログにも使いやすいWordPressテーマ

「WING(AFFINGER5)」

SEOや収益化に効果的な機能が豊富

記事ごとにAMP化を選択可能

簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

お得にご購入はコチラ

  • この記事を書いた人
NAO

NAO

NAOです。 DTPデザイナー、ワードプレスを愛するWEBデザイナー// 世の中のお得な情報、DTP、WEB、ブログに関して発信してまいります。 「使用ソフト」Illustrator Photoshop DreamWEAVER「使用プログラミング」HTML/CSS/ワードプレス/Jquery 「企業実績」販売促進に関係するアイテム作成 実績多数 「個人実績」 ココナラ 名刺作成・ロゴ作成 400件以上 広告 50件以上 販売実績

-DTP, イラストレーター, 名刺
-

© 2021 TSUTAERU BLOG